自賠責保険適用で負担金0円*交通事故による後遺症を早期回復

身体に違和感を覚えたら危険信号!

身体に違和感を覚えたら危険信号!

  • むち打ちなど、交通事故による怪我の症状がある
  • 吐き気やめまいなどの症状も出てきた
  • 違和感はあるが、レントゲン検査では「異常なし」と言われた
  • 交通事故で強い衝撃を受けたが、今のところ特に症状は出ていない
  • 診療時間が合わず、病院(整形外科)に通院出来ない
  • 保険手続き・示談金交渉などがよく分からない

 

交通事故では、強い衝撃が突然身体に加わるため、むち打ちをはじめとする様々な症状が現れます。違和感が出始めたら、障害がなるべく残らないようにしっかりと治療をしていくことが大切になってきますので、病院や整骨院で治療を受けるかどうかは、とても重要な選択になります。

 当院では、国家資格を保持した治療のスペシャリストが施術を行っていきます。身体を支えると同時に、痛みなどのあらゆる症状を引き起こす原因にもなる「筋肉」に注目し、痛みの原因を明確にしながら施術を行っています。自賠責保険を使用すれば、患者様の自己負担金なしで治療できるケースが多く存在します。レントゲン検査が必要な場合でも、信頼のある整形外科(病院)をご紹介することが可能ですので、まずは一度当院へご相談ください。

特に症状が出ていない方も、要注意です!

交通事故に遭ったけれど、痛みも特にないし問題ない。そう安心されている方も少なくないかと思います。しかし、むち打ちの症状は事故の直後ではなく、2日から1週間ほどが経って初めて症状が現れることが多いため、思わず症状を軽視してしまう方、事故が原因であると判断出来ない方が非常に多いのが現状です。

ご自身で判断してしまうのは危険なので、たとえ身体に異常を感じていなくても事故の後はすぐにご相談下さい。数日が経過してから痛みや痺れ、吐き気などに襲わる方はたくさんいらっしゃいます。事故直後に症状が現れない場合でもキチンと検査を受け、整骨院での治療を始めるようにしましょう。

 

後遺症の早期回復について

POINT1 : 患部の適切な安静

事故を起こした日から2週間ほどは、患部が腫れたり熱感が生じていることも多く、そういった場合は治療による負荷を加えることで痛みが増幅してしまう可能性があります。ケースによっては、炎症を抑える処置をしながら適度に安静を保つことも必要です。

POINT2 : 適切な治療の早期開始

治療をスタートする時期が遅くなると、周囲の筋肉が固まってしまって治癒しにくい状態を作ってしまいます。痛みを効果的に取り除くには、身体の状態を見ながら適切なタイミングで治療を始めることが大切です。ケースによっては、1カ月程度で約70%も症状が緩和することもあります。

POINT3 : 適度な間隔・頻度での通院

痛みのある時には間隔を空け過ぎることなく、十分に治療を受けることが症状緩和の近道です。当院では、痛みが辛い時に治療が受けられないという事態にならないように、患者様のご都合に合わせた通院環境を提供することが可能です。

整形外科との併用について

整形外科との併用について

 「湿布と痛み止め薬の処方だけ・・・」「ただ安静にしているだけ・・・」それでは十分な治療を受けているとは言えません。また、痛みが引くわけでもありません。早い段階でもっとも良い治療を受けることが、後遺症を残すことなく快復するためには必要なことなのです。

 交通事故でむち打ちになった場合、まず最初に整形外科などの病院に行かれる人が多いと思います。病院ではレントゲン、MRI、CTといった画像検査で、むち打ちや痛みの原因を突き止めようとします。しかし、むちうちは画像検査には映りません。医学的には、症状の原因が見つからない場合は身体に問題はないとされます。よって、整形外科で根本的な治療を行うことが出来ません。鎮痛薬や消炎薬を処方したりと、症状の一つ一つを緩和する療法に留まってしまいます。つまり、むち打ちは発症後に患者様が辿る過程やリハビリ内容によって、回復具合が大きく左右される症状なのです。

 当院には、「病院のレントゲン検査では異常がなかったけれど、患部が痛む」という理由で多くの患者様が来院されます。むちうち治療において当院では、受傷直後の頚部固定と安静を重要視しています。炎症熱感には消炎鎮痛外用薬(湿布)に加え、アイシングなどの急性疼痛の治療、5日から1週間が経過して症状が落ち着いてからの頚肩甲部の筋緊張緩和など、様々な治療方法を行っていきます。

ActiveRoom 023-633-1065山形スポーツ接骨院 023-633-4676
メールでのお問い合わせはこちら